たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  日野市 日野市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by H.O Bleu at

大きな岩礁


一息嗅いだだけで陶然となるような究極のエステル香で、とにかく気持ちよくさせてくれる。さまざまなフルーツ香が混じりあい、マンゴーのようなトロピカル系とともに桃を強く感じた。ボウモアによく感じる石鹸香とピートのスモークは全く感じない。

フルーティーでとても上品な甘さを感じ、オイリーでボディは非常に厚い。かすかにコーヒーも感じる。とにかく美味であるとしかいいようがない。繊細なフィニッシュは長く長く続く。また味にも例の石鹸っぽさは全く感じない。

アルコール度数が40%ぎりぎりしかないとカスクストレングスでないと物足りなさを覚える人にもそういったことは全くない と言う方も多いです

蒸留所は湖の岸に位置して島の『中心地』として知られている大きなモルト蒸留所のうちの1つです。1768年に、蒸留所の開発が始まったと思われます。熟成倉庫は、満潮時に4または5フィートの水をかけられ、Bowmoreの性格をつくります。
蒸留所はモリソンBowmore Distillersによって所有されていましたが、数年間日本のサントリーが所有した後に、モリソンBowmoreは、1994年にサントリーによって完全に買収されました。


Bowmoreはゲール語で大きな岩礁という意味です  


  • 2007年11月24日 Posted by H.O Bleu at 02:40Comments(0)Bar 

    Bleumamaが癒される空


      


  • 2007年11月23日 Posted by H.O Bleu at 23:17Comments(0)

    アーリー タイムス


    Early Timesは、バーボン・ウイスキーの銘柄で 最初に蒸留製造されたのは、1860年のことである。しかし、アメリカ国内では、現在はバーボンではなく、ケンタッキー・ウイスキーとして販売されている。ただし、輸出用製品は現在でもバーボン・ウイスキーです

    この銘柄は、1920年代を通じて広く知られるようになった。アメリカ合衆国の禁酒法時代の期間、このウイスキーは、「医療用ウイスキー」の表示を行うことで、法律の適用が免除された。


    アーリータイムズのブランドは現在「ブラウン=フォーマン社」が所有していて、ケンタッキー州ルイビル(EN)のダウンタウン蒸留製造所で製造されている。今日、アメリカで販売されているアーリー・タイムズは、再利用の焦がしオーク樽で熟成したウイスキーが20%を占めるため、バーボン・ウイスキーではなく、ラベルには「ケンタッキー・ウイスキー」と表示されているそうです

    逆に国外マーケットで販売されている輸出向けアーリー・タイムズは、焦がしオークの新樽で完熟され、アルコール度数40%の本物のバーボン このバーボンは、古いオークの色で、甘口シェリー(brown sherry)に近く、バニラの香気が優勢で、なめらかな味わいを持つ。

      


  • 2007年11月23日 Posted by H.O Bleu at 02:41Comments(0)Bar 

    立川にて

































    画像1の建物の中にある商工会議所内で
    たまりばブログ活用セミナーに参加させていただき
    コマンチさんの説明はとてもわかりやすく
    初心者の私にとっていろいろと勉強になりました(^0^)

    デルオさんのブログの写真にあるように まるで重役会議のようなセッティングの部屋で 場違い?と思いながらの参加でした(笑)
    Bleuからは4人と大人数で行きましたが 私以外は20代の若者達
    意見は「とても楽しかったし 勉強になって 参加してよかった!」と喜んでいました。
    ありがとうございましたm(__)m


    そして終わった後に寄ったところで頼んだ“シフォンケーキ”
    わーっ!\(^O^)/
    でっかい!
    でも美味しくて ペロッといただいちゃいました。
      


  • 2007年11月22日 Posted by H.O Bleu at 02:32Comments(0)

    ガチャガチャで当たる

































    Bleuにガチャガチャがやってきました!
    スミノフアイス 一本につき 一回がちゃがちゃができるよ
    どんどん飲んで 
    どんどんシークレットライトをGET!して下さいicon22

    ちなみに コマンチさん&こぐまさん 本日GET!して行かれました☆

    ありがとうございました









      


  • 2007年11月22日 Posted by H.O Bleu at 00:30Comments(8)☆お知らせ!

    角煮が美味しく煮えました

    鍋に任せて豚の角煮を煮込んで 煮込んで
    ( ̄〜 ̄)ξ私は待ってただけですが…

    味がよ〜くしみ込みました
    本日のおすすめです
    \(^O^)


    そして今日 水曜日はレディースデー♀
    女性は
    Bleuメニュー全品100円引き!
    女性のあなたσ
    どんどん得してね



    Bleuは年内休まず営業いたします!



    そうそう 今いる女の子が大学生で 来年の3月で卒業してしまうので
    ☆アルバイト募集してます
    週1でも可
    年齢不問
    電話連絡の上 お気軽に面接にお越しください
    お待ちしております
    ☆\(^^)
      


  • 2007年11月21日 Posted by H.O Bleu at 03:02Comments(0)☆お知らせ!

    寂しかったBleumama

    今日はお客様がすご〜く 少なくて
    ねずみに曳かれてしまうかと思いましたicon10
    なので 本日の営業はもう終わりにします
    明日は たまりば主催の ブログ活用セミナーに参加してまいります
    報告は明晩いたしますので お楽しみにv(^^)
      


  • 2007年11月21日 Posted by H.O Bleu at 00:32Comments(0)

    赤いコートにシルクハット


    ジョニー・ウォーカー (Johnnie Walker) はスコッチ・ウイスキーの世界的に有名なブランドで、スコットランド・キルマーノック の発祥
    ジョニー・ウォーカー黒ラベル:40種類ものウイスキーのぜいたくなブレンド。そのどれもが12年以上熟成している。ウィンストン・チャーチルのお気に入りとも言われています

    もともとは「ウォーカーのキルマーノック・ウイスキー 」として知られ、その銘柄は、ジョン・“ジョニー”・ウォーカーがスコットランドのエアシャー の食料品屋でウイスキーを売り始めて、それが受け継がれたもので 銘柄は有名になりましたが、このウイスキーが有名になったのは息子のアレグザンダー・ウォーカーと孫のアレグザンダー・ウォーカー2世によるところが大きいようです

    アレクサンダー・ウォーカーは象徴的な四角いボトルを1870年に発表!
    このボトルのもう一つの特徴といえば、ラベルで 24度の角度で張られている。1908年ジェームス・スティーブンソンが代表取締役の時、ブランドの一新が行われウイスキーの名前がウォーカーのキルマーノック・ウイスキー からジョニー・ウォーカー・ウイスキー に変わった。創業1820年に2007年現在も広告に使われている大またで歩く人の絵も作られた。商業デザイナーのトム・ブローン の描いた絵の人は、テールのある赤いコートを着て、シルクハットをかぶり、片めがねをつけブーツを履き、ステッキを持っており、創業者ジョン・ウォーカーに似せて描かれている。

    ジョニーウォーカーは、日本ではジョニ黒、ジョニ赤の名前で親しまれていたが、1957年当時、ジョニ黒は1万円で売られていた。当時の1万円は大学初任給の二ヶ月分に相当する。現在のジョニ黒と比べると100倍以上していた事になる。だが、これはジョニ黒に限らず洋酒の価格は総じて高級であり、憧れでした
    現在は気軽に手の出る価格ですね




    余談としては
    ロン・ホワイトは演技中にジョニー・ウォーカー・黒ラベルを飲む。
    村上春樹の『海辺のカフカ』でジョニー・ウォーカーという名前の登場人物がいて、いでたちは赤いジャケットとブーツ、ステッキ、蝶ネクタイで会社のロゴにある人物が着ている

    トビー・ヤングは回想録「いかに友を失い人を遠ざけるか (How to Lose Friends and Alienate People) 」の中で、彼のしてきた数々の失敗は黒ラベルのせいだと言っている


    オジー・オズボーンのギタリストザック・ワイルドは自分のヘビーメタルバンドにブラック・レーベル・ソサイアティと名付けた。ジョニー・ウォーカー黒ラベルにちなんで付けたそうです
      


  • 2007年11月20日 Posted by H.O Bleu at 21:28Comments(0)Bar 

    そろそろBleuも

    ハロウィンが終わったら
    巷ではX'masの飾り付けがされ始め
    今年も残り少ないなぁと感じる人も少なくないのでは?
    木枯らしいちばんも吹き
    マフラーや手袋の出番!
    あったかグッズを楽しむ季節ですね

    心を暖かくしたい方は
    Bleuにお越しいただければHotに(*^^*)
    是非お出かけ下さいませませ
    年内休まず営業いたします(^0^)

    そうそう BleuでもX'masの飾り付けを徐々にしています
    ちなみに画像のサンタさんがBleuのどこかにいます
    見つけてみてね(^-^)b
      


  • 2007年11月19日 Posted by H.O Bleu at 02:24Comments(1)

    ロッキングチェアーをイメージした・・・・


    オールドクロウ社が日本向けに作り出した バーボン
    ラベルは皮をイメージし 「K」の文字はロッキングチェアーをイメージしたもの
    アメリカのケンタッキー州バーボン郡でトウモロコシを原料に生まれたウイスキー。
    熟成の際に内側を焦がしたホワイトオーク樽を使うため、独特の風味が味わえます。  


  • 2007年11月18日 Posted by H.O Bleu at 00:43Comments(2)Bar 

    Bleumama嬉しいこといっぱい\(^O^)/

    先日、塗装業のBleuのお客様が「何か塗装の仕事があったら言って下さいね」という話を聞いてすぐ
    「誰か家のペンキ塗ってくれる人知らない?」と これまたBleuのお客様
    それじゃあと橋渡し(^^)
    すると うまく話しがまとまって
    よかったよかった!

    と昼間の出来事

    そしてBleu開店〜
    よく来て下さるお客様と噂をしていた人と
    今日あたり顔見せに来て下さるんじゃないかなぁと思っていた人が
    次々に現れ びっくり!
    今夜のカウンターでの話しも前向きないい話しばかり(^-^)b

    そしてBleuを始めてから一組目の結婚報告に来て下さったお客様(HappyWedding)
    その場にいた人全員で
    かんぱ〜い☆

    みんなからのおめでとうコール♪と拍手☆

    奥様になる方も日野の人はあったかくて嬉しい 涙が出ちゃう
    と感激してくれました
    そんなHappy感たっぷりのBleuでした。

    人と人との和っていいですね〜
    Bleuをやっていなければ味わえない嬉しさだと思います
    今日の一日に感謝
    今日のお客様達にもありがとう!
    みんなの明日がいい日でありますように(^^)おやすみなさい☆
      


  • 2007年11月17日 Posted by H.O Bleu at 05:40Comments(0)

    Bleumamaの似合わない買物

    わか〜〜〜〜い頃好きだった tweety!
    ね 似合わないでしょ
    あっ 笑わせてすみません
    (´・ω・`)

    今日買物に行って店内を歩いていたら
    「これ可愛いいよ」の声に反応してそっちを見たら
    その人の手にtweetyのポーチが(゜_゜)

    とりあえず必要なお買い物をして
    ポーチが気になり その場所に戻ると
    声の主はそこにまだいたのですが
    ポーチは手から離れてほかの商品と一緒に並んでいました(o^-’)
    しかもトゥイーティのは一点だけ!
    中々トゥイーティの物は見かけないもので(^^ゞ
    買ってしまいました

    あ〜私って大人だわ〜
    (*^∇^*)
      


  • 2007年11月16日 Posted by H.O Bleu at 03:58Comments(0)

    すみれの花の薫り

    MARTELL" CORDON BLEU "(コルドンブルー)はフランス語でブルーリボンのこと。『最高に栄誉あるものに送られる青いリボンの勲章』を意味します。古くは聖霊騎士団に授けられた極めて誉れ高い勲章。世界屈指のコニャックとしてふさわしい名前です。

    そのおいしさの秘密は、ボルドリ原酒に由来します。「すみれの花の薫り」と表現される華やかで優雅な香りと、「まろやかな味」を特徴に持つボルドリ原酒をふんだんにつかうことによって、繊細で芳醇な味わいと柔らかな深みが生まれます。フランス政府が定めたコニャック地方の6つの地域の中で、最も面積が狭く希少価値が高いと言われているボルドリ地域。マーテル社はその地域の60%を所有しています。ボルドリ原酒を豊富につかえるのは、まさにマーテル社ならではといえるでしょう。「空(あ)いてなお、グラスは、香る」といわれるコルドンブルーは、格別のコニャックとして世界のコニャック愛飲家に親しまれています。

    いまから300年ほど昔のフランスのコニャック地方。
    オーク樽から蒸発した天使の分け前の華やかな香りが、あたりいっぱいに満ちていたある日。それは、ゆっくりと熟成を重ねたマーテルの理想の原酒が初めて貯蔵庫から出される、待ちに待った日のことでした。どこからともなく黄金に輝くツバメが姿を現し、原酒が眠るオーク樽の上を飛び回ったのです。
    至福のコニャックの誕生を祝福するかのように、全身を煌めかせながらはばたく一羽のツバメ―ゴールデンスワロー。その美しい姿は、まるで天使が遣わした歓びの使者のようだったといいます。

    天翔けるツバメはフランス語でMarlette。Martellと音がよく似ていることもあって、その時以来、黄金のツバメはマーテルのシンボルとなりました。
    マーテルの誕生を祝福したゴールデンスワロー。その姿はいまもマーテルのボトルのラベルに描かれています。




      


  • 2007年11月15日 Posted by H.O Bleu at 20:32Comments(0)Bar 

    超音波でクリーミーに


    ギネス(Guinness & Co.)は、1756年創業のビール醸造会社であり、1759年以来、アイルランドダブリンのセント・ジェームズ・ゲート醸造所に生まれた「ギネス」(Guinness)あるいは「ギネス・ビール」として広く知られる黒スタウト(ビールの一種。具体的にはポーター)を生産している。 創業者のアーサー・ギネス(Arthur Guinness)は1759年に、年45ポンドで、当時使われなくなっていたこのセント・ジェームズ・ゲート醸造所を九千年契約で借り受けている。 ギネスはまた、今日では、認可に基き世界各地で生産されているが、生産されるビールは、あらゆる報告から鑑みれば著しく異なっている。一例として、ナイジェリアで生産されているギネスはアフリカの気候下で流通・保存されるためにアルコール分が8%と非常に高くなっている。このギネスは最近になってアフリカへの旅行者を中心に有名になり「アフリカのギネス」という触れ込みで本国アイルランドなどに逆輸入・販売されている。ロンドンのギネス醸造所は、2005年に閉鎖された。

    1997年末にグランドメトロポリタン社と合併してディアジオ社を形成し、今はディアジオ社のビール部門という扱いになっている。日本国内でのビールの販売権はディアジオ社と関係の深いキリンビールではなくサッポロビールが持っている。

    そしてBleuで飲めるギネスは「サージャーギネス」
    画像のように瓶から専用グラスに移し この器械に置いて超音波でクリーミーな泡を作る
    すると飲み切るまで泡が炭酸や旨味を最後まで封じ込めてくれます
    説明では伝えきれないので 是非Bleuで味わってみてください
    日野でサージャーギネスを味わえる 数少ない一店です


    年末まで休みなしで営業いたします  


  • 2007年11月15日 Posted by H.O Bleu at 04:12Comments(0)Bar 

    カウントダウンで解禁!

    いよいよ明日15日は
    「ボージョレ・ヌーヴォー」
    解禁です\(^O^)/

    Bleuでは 0時に1本コルクを抜き
    そのときにいるお客様に振る舞っちゃいます(^_^)v

    みんなで乾杯しましょう
    (^^)/▽☆▽\(^^)

    Bleuにやってきた
    ヌーヴォー2007は
    “レ・ロジェール畑”のみで収穫されたガメイ(ぶどう品種)100%
    紫を帯びた透明感のある ルビー色
    ベリーを想わせるフルーティな香りとやわらかな口あたりの赤ワイン
    単一畑ならではの豊かな個性とほどよいコクをお楽しみ下さい
      


  • 2007年11月14日 Posted by H.O Bleu at 18:58Comments(0)☆お知らせ!

    Bleumamaこれでも結構忙しい(^^)

    先日ちょっと書き込みした 私の父ったら
    まだ病院から帰れない(;_;
    なので
    病院通いの毎日がちょいと続いてます

    そうそう 昨日は用事が盛りだくさん
    ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
    なんで用事って重なるんだー!!
    あ"ーもう時間が足らないよ〜
    ┗( ̄▽ ̄;)┓=з

    そんな中で あら〜
    なんて気持ち良く晴れあがった空!!!
    撮らなきゃ撮らなきゃパシャッ!(画像)
    超多忙の中でも 心の余裕がないとね(o^-’)b

    朝からBleuのオープン時間まで走り回って
    Bleuでやっと息を整えた。(゜.゜)y-~~
    そんなBleumamaでございました(笑)

    でも Bleuは年末まで 無休で行きますよー☆
    皆さん元気をもらいに来てね
    待ってま〜す
    (^^)/▽☆▽\(^^)
      


  • 2007年11月14日 Posted by H.O Bleu at 16:30Comments(0)

    Bleumamaの休日

    昨日 
    今年最後になるであろう休日でした(年末はまだいつまで営業するか決めてないんですけどね)
    はてさて
    浅草花月に行こうか(ちゃらんぽらんのおおにしこうじんさんが出演する情報があったので)
    酉の市に行こうか(熊手を帰しがてら)
    富士五湖の方にドライブでも行こうか
    それとも どれどれ紅葉はどこが見頃?なんて雑誌見てみたりして^^
    誰と行くつもりなんだよ!
    それは秘密(・。・)b
    な〜んて結構楽しみにしておりましたんですわ
    さあ Bleumamaはどれを選択したでしょうか?






    mmmmmmm........
    残念ながらどれも…
    ハハ
    私にも父がおりまして 8日に入院したんですね〜
    んな訳で 日々病院通い
    でもでも 大したこた〜ないんです 
    親不孝な娘はこの時とばかりに親孝行(笑)
    普段 あまり実家に顔を出さないので 父ちゃんたら 私が行くと やたら嬉しそう(に見えるだけかも??)
    白内障の手術もついでにいたしまして 経過良好なら明日にも退院
    しかし 歯の治療以外で麻酔を打ったのは80年生きてきて初めてで かなり緊張したらしいです
    母も私も妹も 数回の麻酔経験者からすると 蚊に刺されたくらいのことなのに
    パパったらかわいい
    などと冗談も言えるくらいでほっといたしました
    そんなBleumamaの今年最後の休日の過ごし方でした(笑)  


  • 2007年11月13日 Posted by H.O Bleu at 02:25Comments(0)

    亀は万年

    世界のどこにもない瓶、しかも日本的な……」壽屋(現サントリー)チーフデザイナー、井上木它は世界中から集めた山のような洋酒瓶に囲まれて悩んでいた。「どないですか?これに失敗したら、壽屋はつぶれるでしょうな」数日前にも様子を見にきた大将・鳥井信治郎(壽屋創業者)の焦りがよく分かる。ふと、小さな香水瓶が木它の目にとまった。以前、制作のヒントにと大将がくれた薩摩切り子の骨董品である。「亀甲紋か…。これだ!」やがて、木它の手で亀の甲羅の美しいカットの入ったボトルが姿を現した。角瓶の誕生である。「亀は万年」、1937年10月8日の発売以来70年、角瓶は型を変えることなく旅を続けている。
    1937年10月8日、角瓶誕生 亀は万年-ジャパン・オリジナル サインにこめられた
    「ええ瓶になりましたな」めったに誉めない大将が目を細めて喜んだ。「ここにマスターブレンダーとしてご署名を…」角瓶の首を撫でながら、ボトルをデザインした井上木它は感慨無量の面持ちで言った。日本初のウイスキーづくりに挑戦して10数年。麦が買えなくて一樽も仕込めない年もあった。大将の「断じて舶来を要せず」の初志は、ついに琥珀色の輝かしい液体となって、四角いボトルに輝いていた。その首ラベルには墨痕鮮やかなS.Toriiのサイン。これが、日本のウイスキーの父、サントリーの創業者・鳥井信治郎の署名である。こうして1937 年10月8日、角瓶は発売された。
    (サントリー商品情報より)  


  • 2007年11月12日 Posted by H.O Bleu at 21:06Comments(0)Bar 

    でっかい秋の味覚(*・O・*)

    一昨日 スーパーおおたで売っていたベニアズマ
    大きさにびっくり

    安さにびっくり(^^ゞ
    一個138yenすよ!
    で 思わず購入(o^-’)
    Bleuで焼き芋〜

    これがあっま〜い!!

    8人で分けて食べちゃいました。

    これに味をしめて 昨日 またまた更にでかいのを一個購入(^_^)v
    (画像がそれです)
    焼きましたよ
    そして 昨日のお客様にも「どうぞ\(^O^)」
    みんな胸につまらせながら食べてくれました(笑)
    そのままで 充分な甘さ(*^^*)

    「美容と健康にいいからね」なんて言いながら
    秋の味覚を味わったBleuでした♪
      


  • 2007年11月11日 Posted by H.O Bleu at 10:33Comments(0)

    明日ライブですよ~♪

    明日11月9日(金)

    Bleuにて

    「Wakoh&愉快な仲間たち」

    によるライブです!

    1960年代の風を ギター&ハープに乗せて

    ライブスタート:20時~



    日野市大坂上1-30-26 ラポートビルB1

    Cafe Bar H.O Bleu
    営業時間 18:00~25:00

    0425-87-3565


    11月11日(日)お休みです!  


  • 2007年11月08日 Posted by H.O Bleu at 23:45Comments(0)☆お知らせ!