たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  日野市 日野市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by H.O Bleu at

広い入江の美しい窪地

ラフロイグ10年
43度
力強いスモーキーフレーバーが特徴的な辛口のモルト。ピート香と潮の香りが調和された一品。

ラフロイグとは「広い入江の美しい窪地」の意。
この蒸留所は、1815年にジョンストン兄弟がアイラ島南部の浜辺に創設したもので
蒸留所はポートエレン港から東へ3kmほどいったところにあり、
スコットランドの蒸留所の中でも1、2を争う美しい建物だそうです。
また、スコッチ蒸留所の歴史の中で、初めて女性が蒸留所所長を務めたことでも有名。
1950~1970年代、ベッシー・ウィリアム女史で、60年代から70年代にかけ、
大きな改修工事の指揮をとり、「ラフロイグ中興の祖」、「ラフロイグのファーストレディ」と呼ばれていたそうです。

ピートは蒸留所所有のピート・ヘッドで採掘され、夏季に涼しい海風で乾燥させているため、また採掘されたピートには、ヘザーだけではなく、大量のコケも含まれており、これがモルトに海の匂いと強烈なスモーキーフレーバーがしみ込む秘密になっている。さらに、フロアモルティングも蒸留所内で行っている。
現在使用されている麦芽は、3割程度が蒸留所の自家製麦芽によるもの。
蒸留器はストレートヘッドとランタンヘッドの2種類で、初留、再留あわせて7基、
アイラ島では最も小さい蒸留器を使用している。
仕込み水はサーネイグ・バーンの小川の水を使用。
酵母は純粋培養酵母のみを使用。
ウォッシュバックは6基で、容量42,000ℓのステンレス製。これはアイラ島では最大。
ラフロイグの一番のこだわりは熟成樽にあり、オフィシャルのシングルモルトでは、
ファースト・フィルのバーボン樽のみを使用している。
チャールズ皇太子愛飲のモルト・スコッチでもあり、モルト蒸留所としては初めて王室御用達の認定を受けたことでも有名!

  


  • 2007年11月06日 Posted by H.O Bleu at 21:42Comments(0)Bar 

    Bleumamaのひとり言

    今 テレビ画面に戸田恵子さんと中村中さんが季節感の無い
    胸から上丸出しの服で対談してました。
    風邪ひかないでね
    などと思いながら見ていたら
    次は山崎まさよしさんが歌ってる♪
    あ 歌番組だったんだ
    頑張ってみるよ できるだけ
    頑張ってみてよ 少しだけ
    なんだかんだ言っても 単純に君のこと 好きなのさ〜

    って なんで曲名「セロリ」?

    山崎まさよしさん いい歌詞の曲が多いナァー

    話しは変わりますが
    出勤のとき、久しぶりに 近所のたくちゃん(画像のボス猫)に会った
    暫く見ていなかったので ちょっと心配だったけど 元気そうで安心安心)^o^(
    と思いながらBleuに行くと
    約一年ぶりにみえたお客様
    この一年の間に色々と大変な事があったと話してくれました
    生まれたことがありがたい
    生きてるだけで素晴らしい
    大変さの感じ方も人によって違うけど
    大変なことをたくさん経験できることもありがたいことで
    些細なことでも幸せと感じられるようになったりするよね〜
    生きてればいいんですよね(*^∇^*)

    元気で前向きに頑張ろうとしているのが伝わってきて 嬉しかったですよ

    私もまた活力をもらっちゃった(^O^)v
      


  • 2007年11月06日 Posted by H.O Bleu at 09:56Comments(2)